2011年シニア選手権1・2回戦の結果

 9月11日 日曜日 シニア選手権1回戦

昨日の暑さとは打って変わり、たまに日が射す曇り空。朝6時頃にはにわか雨が降り、その雨の影響かさわやかで涼しい朝となりました。アウトインに分かれ予選通過された16名が4組づつに分かれて、いよいよマッチプレーの始まりです。

1組目 アウトコース7:00スタート 会沢清昭選手 VS 大竹 孝選手 

三大競技会では初陣の大竹選手、緊張しているとは言いながら内に秘めた闘志はVサインで確認できますね。勝負の方はハーフ終了時で会沢選手の6アップ。残念ながら11番ホールで勝負あり。会沢選手の8-7での勝ち。2回戦進出です。

2組目 アウトコース7:07スタート 蛭田道生選手 VS 岩松恒雄選手

 マッチプレーは理事長杯で経験済みの蛭田選手、初参加の岩松選手より心なしか落ち着いているように見受けられます。ハーフ終了時蛭田選手の1UP。しかし、そこから取ったり取られたりのドラマが展開され、勝負は18番までもつれ勝負の女神は初参加の岩松選手に味方しました。岩松選手1UPで初戦突破です。2回戦では会沢選手と当たります。

3組目 アウト7:15スタート 上野 勝選手 VS 吉井 昭選手

歴戦のツワモノ上野選手に対するは、これまた着々と自分のゴルフに徹して最近腕を上げている吉井選手。ハーフを終わった段階で吉井選手の1アップ。予想を覆すパワーを感じさせる吉井選手、いまいち調子に乗れない上野選手。結局18番まで勝負はもつれ吉井選手が上野選手を破り2回戦進出です。

4組目 アウトコース7:22スタート 細野光雄 選手 VS 作村弘幸選手 

三大競技ではまだ無冠ながら、確実に強さを感じさせる細野選手。久しぶりのマッチプレーで緊張気味の作村選手。途中経過では、ハーフ終了時細野選手の6UP。作村選手「球に当たらないよー」細野選手「いやーパワーあるよ」とお互いに謙遜しあっている間に12番ホールで勝負あり。細野選手が7-6で勝ち。細野選手は上野選手との対戦を望んでいましたが2回戦は上野選手を下した吉井選手との対戦です。

インコース 1組目 7:00スタート 大和田栄二選手 VS 荒川恵一選手

お互いにベテランとなった二人の対戦は過去にもあったとのこと。お二人の間には楽感的なムードが漂い、終始笑顔で楽しく勝負を楽しんでおられました。勝負は18番まで持ち越し荒川選手の1UP。楽しく18ホールを廻ったようですが、お二人とも大変お疲れのご様子。荒川選手2回戦進出です。

 インコース 2組目 7:07スタート 安藤正夫選手 VS 岩松まち子選手 

水戸ゴルフクラブでも名前が売れている安藤選手に対するは、ご主人の付き添いでシニア選手権予選に参加したものの、ご本人もマッチプレーで勝負するなんて夢にも思わなかった岩松まち子選手。勝負は勝負、頑張って欲しいところですが、ハーフ終わって安藤選手の6UP。勝負は後半3番ホールで着きました。岩松選手「とても勉強になりました」安藤選手7-6の勝利。2回戦は荒川選手との対戦です。

インコース 4組目 7:15スタート 鈴木和夫選手 VS 田島勝興選手

昨日もコンペでゴルフ、先週もゴルフ、「最近ゴルフ三昧なんだよね」とおっしゃるのは田島選手。鈴木選手もハンディが上がりゴルフが楽しくてしょうがないと言った感じ。ゴルフが好きでしょうがないお二人の勝負はハーフ終了時鈴木選手の1アップ。田島選手ゴルフ疲れか5番ホールで勝負あり。鈴木選手が5-4で2回戦進出です。

インコース4組目 7:22スタート 高橋輝夫選手 VS 篠田六郎選手

初顔合わせのお二人の勝負はハーフ終了時高橋選手の2UP。篠田選手、先週久しぶりにご来場頂き何気なくシニア選手権にエントリーして頂きました。まさか、1回戦マッチプレーに出るとは思わなかった人のお一人。でも篠田選手頑張りました。5番ホールで決着が着きました。5-4で高橋選手の勝ち。2回戦は鈴木選手との対戦です。

以上、1回戦が終了し2回戦の組合せが決まりました。

1組目 会沢清昭選手 VS 岩松恒夫選手

2回戦はハーフが終わって会沢選手の5UP。しかし、岩松選手、会沢選手に5DOWNを感じさせるゴルフではありません。ホールを重ねるごとに岩松選手ショットもパッティングも冴えてきました。その証拠に12番では岩松選手バーディーでパーの会沢選手に勝つ場面もありました。勝負は13番で着きましたが、岩松選手、後半は会沢選手と互角に戦っておられました。会沢選手来週の準決勝進出。アウトコース7:00スタートです。

2組目 細野光雄選手 VS 吉井昭選手

お互いに飛ばし屋同士、2回戦に入りショットも冴えてきました。この二人の勝負は取ったり取られたり、攻防の応酬が激しい試合でした。13番で細野選手が1UP、15番で吉井選手が取りイーブン。16番吉井選手が1UP。17番で細野選手が取り返しまたまたイーブン。勝負は最終ホール決着となり、細野選手ティーショットが飛んだ分セカンドショットが左足下がりの傾斜がきついところからとなり、ボールはFWまで届かず、今度は左足上がりのラフへ。そこからの第3打がグリーン手前50ヤードへ。さらに第4打がグリーンにオンしたものの2段グリーン下からの第5打がパーセーブのロングパット。これを3メートルショートしボギー。一方吉井選手は3オン2パットのパー。お二人とも18番での決着はきつかったと思います。吉井選手、準決勝進出で18日は会沢選手と勝負です。

3組目 安藤正夫選手VS荒川恵一選手

荒川選手、1回戦18ホールの疲れの影響か前半、安藤選手の3UP。安藤選手順調に飛ばして疲れがピークの荒川選手に12番終了で勝利。安藤選手7-6で18日準決勝進出です。お二人ともお疲れ様でした。

4組目 鈴木和夫選手VS高橋輝夫選手

このお二人は1回戦共に5番ホールで決着が着いたので、14ホールの戦いでした。従ってそれほど疲れも感じずにスタートされました。疲れてないことで勝負はデッドヒート前半はイーブンで折り返し、14番で鈴木選手1UP。それでも高橋選手巻き返し、鈴木選手、高橋選手一歩も譲らずまさかのエキストラホールでのサドンデス勝負に移行しました。この時点で高橋選手お疲れがでてしまい、10番ホールでのティーショットをミスしたことで勝負あり。鈴木選手、18日安藤選手と準決勝進出です。高橋選手大変お疲れ様でした。

エキストラホールでティーショットに向かう高橋選手

選手の皆様本日は涼しかったとはいえ、後半は気温も上がり大変過酷な2ラウンドになったと思います。本当にお疲れ様でした。

2011年度シニア選手権も本日1・2回戦終了し来週18日の準決勝・決勝戦・3位決定戦を迎えることになりました。

18日準決勝7:00スタート 会沢清昭選手 VS 吉井 昭選手

       7:07スタート 安藤正夫選手 VS 鈴木和夫選手

会沢選手 「来週は優勝目指して頑張ります!」

吉井選手 「11番ホール以降までプレーできるよう頑張ります!」

安藤選手 「準決勝も努力!決勝も努力、努力!」

鈴木選手「更に頑張ります!」

来週18日は連休の中日で少々混雑が予想されますが、プレーに支障が出ないよう先導して行きます。ご来場の皆様のご協力をお願い致します。

選手の皆様の熱戦を期待しております。