2011年度シニア選手権準決勝・決勝戦の結果

9月18日2011年度シニア選手権準決勝・決勝戦開催致しました。

天気予報では台風15号の影響でいつ雨がふってもおかしくない状況で、晴天はこの日しかないという天気に恵まれた18日。気温が高いので秋晴れとは言い難く、しかし、真夏の暑さ程ではないのでエアコンも使わなくて良く、木陰に入ると爽やかな涼風が心地よい9月18日、日曜日、会沢選手、吉井選手、安藤選手、鈴木和夫選手によるシニアチャンピオン決定の火蓋は切って落とされました。

まず、準決勝1組目、会沢清昭選手 VS 吉井昭選手

会沢選手ハンディ0に対し吉井選手ハンディ10の差が勝負に反映されるのか?出だし1番ホールは吉井選手が取り、吉井選手にとって幸先の良いスタートですが、会沢選手も負けてはいられず2番で取り返すと、3番はイーブン、以後取ったり取られたり前半はイーブンで折り返し、後半10番をイーブンでスタートしたものの、11番会沢選手が取って12番イーブンで会沢選手の1UP。続けて13,14番会沢選手が取って3UP。15番分けて、16番ドーミーホールとなり会沢選手耐えて分けとし、17、18番ホール残し3-2で会沢選手の勝ち。吉井選手13、14番取られたのが効いたようで決勝戦進出叶わず。しかし、良い試合を見させて頂きました。会沢選手決勝戦進出です。吉井選手3位確定。3週間に亘り試合に臨んで頂きました。大変お疲れ様でした。

続けてスタート準決勝2組目 安藤正夫選手 VS 鈴木和夫選手

安藤選手ハンディ1、鈴木選手ハンディ9の勝負となりました準決勝2組目、1番ホール鈴木選手が先行、取られたら取り返せとばかりに安藤選手2番、3番取って4番イーブンで安藤選手の1UP。5番ショートで鈴木選手が取り返し、イーブン。6番分かれで7番安藤選手、8番鈴木選手でまたまたイーブン。9番安藤選手が取り、前半安藤選手の1UPで折り返し。後半に入り10番、11番、12番と安藤選手が取って4UP。13番鈴木選手が取ったら、14番安藤選手が取り4UP。残り4ホールとなり鈴木選手にとっては残り4ホール全部取らなければならない15番ドーミーホール。このホールイーブンで安藤選手が4-3で鈴木選手を下し、決勝戦進出です。鈴木選手準決勝負けたら草取りを手伝うと言う奥様との約束を果たしに帰られました。鈴木選手3位決定です。

2011年シニア選手権決勝戦

会沢清昭選手 VS 安藤正夫選手 

シニア選手権決勝戦にふさわしい戦いとなった会沢選手ハンディ0、安藤選手ハンディ1の勝負の行方はどうなるのか?3週間連続でのゴルフはシニアにとって疲れがたまり大変だと思いますが、安藤選手はサプリメント、会沢選手は筋トレが若さと疲労回復の手段とのこと。

決勝戦、先に取ったのは会沢選手。3番ホールバーディー、安藤選手パー。4番を分けて5番ホール安藤選手が取ってイーブン。6番ホール会沢選手本日2個目のバーディーで1UP。7番分けて8番会沢選手3個目のバーディーで2UP。9番ショートで会沢選手右にボールを押し出しとなりのホールへ。これはまずいなと思った矢先、素晴らしいリカバリーショットでピン横に2オン。安藤選手もグリーン手前に落ちたボールで2オン。このホール会沢選手絶対負けると思っていたのに終わってみればイーブンで分けて、前半3バーディーで会沢選手の2UP。安藤選手、「いくらパー取っても会沢選手のバーディーには負けるよね」と淡々と言われてました。

お二人とも少しの休憩で10番ホールへ。10番で会沢選手4つ目のバーディーで3UP。両者力相撲のごとく11、12、13、14、15番まで パーセーブで我慢比べ。安藤選手、ここで少し取り返したかったところですが、お二人とも良く耐えて結局16番で会沢選手のアップドーミー。16番ショート、先に打った会沢選手ナイスオンでピン下1m。安藤選手ティーショットで1オンはずし、ピン横ラフから7mのバーディー取りのアプローチ。安藤選手1mはずしたが、会沢選手1mをねじ込んでバーディー!本日5個目のバーディーで安藤選手との勝負は4-2で会沢選手の勝ち。お二人ともお疲れ様でした。

安藤選手敗戦の弁「会沢選手は良いところで全部バーディー。終わってみたら5バーディー。ストロークプレーなら5アンダーの67。これじゃ勝てるわけないですよ!バーディーで負けたから悔しくないですよ」とコメント。会沢選手強さの証明は筋トレによるものか?会沢選手3週間に亘る勝負お疲れ様でした。25日に月例会開催致します。シニア選手権表彰式も25日に行います。会沢選手誠におめでとうございます!!

15番ホールでのパター勝負

16番ホールのティーショットで右のピン近くのボールが会沢選手のピン下1m。左のラフにあるボールが安藤選手のボールピンまで7m。

会沢選手おめでとうございます。2009年度に続き2度目の優勝です。

準決勝戦の結果 (上 会沢選手 下 吉井選手)  

1 2 3  4 5 6 7  8 9   1011 12 13 14  15 16

× 〇 - × 〇 - 〇 - ×   - 〇  -  〇  〇  -  -       

〇 × - 〇 × - × - 〇   - ×  -  ×   ×   -  -  

会沢選手3-2の勝ち

準決勝戦の結果 (上 安藤選手 下 鈴木選手)

1 2    3  4 5  6  7 8 9  10 11  12 13 14 15      

× 〇  〇  - ×  -  〇   ×  〇  〇   〇  〇  ×    〇  -   

〇   ×    ×   -   〇 -   ×    〇 ×     ×  ×   ×  〇  ×  -   

安藤選手4-3の勝ち

決勝戦の結果 (上 会沢選手 下 安藤選手)

1 2  3  4  5  6 7 8  9  10 11 12 13  14 15 16    

- - 〇  -  ×  〇  - 〇 -   〇 -  -  -  -  -  〇    

- - ×   -   〇 × - ×  -   × -  -  -   - -  ×  

  9月、3週間に亘り、シニア選手権が開催できましたのは、メンバーの皆様と、競技委員の皆様のご協力の賜物と深く感謝しております。また、ご来場頂きましたお客様には競技の進行上、ティーグラウンドでパスさせて頂き、ご迷惑をお掛け致しましたことお詫び申し上げますと共に、ご協力頂きましたことに心より御礼申し上げます。

さて、1・2回戦、準決勝、決勝戦と皆様の勝負を間近に拝見させて頂きまして、ゴルフの面白さ、楽しさ、又厳しさを改めて実感致しました。会沢選手、安藤選手共に後半に入り緊張した展開となりましたが、集中力、精神力の強さは並ではないですね。ちょっとしたミスで勝負に負けるわけですが、ティーショットを曲げても正確なリカバリーが出来たり、これを沈めれば勝てる言った緊張感あふれるパターを確実に決めることができるのが強さの証明ですね。

ライジングゴルフクラブのメンバーはレベルが高いと他のコースからもお誉めの言葉を頂いております。ライジングゴルフクラブの3大競技会での勝利がメンバーの皆様にとって名誉となり、また新たな歴史を作ることになることを心より願っておりますと共に、メンバーの皆様が仲良くプレーを楽しんで頂けますよう、これからも環境整備に努めて参ります。

末筆ながら皆様の益々のご健勝を心よりお祈り申し上げます。誠にありがとうございました。

ライジング・ゴルフ・マネジメント株式会社

代表取締役 井上木太郎