シニア選手権1・2回戦の結果

4月8日日曜日、東京では花見ウイークの中日で、上野でも、千鳥ヶ淵でも、靖国神社でも満開の桜を楽しむ花見の人たちで大変な状態になっているようです。

当ゴルフ場では、花見には1ヶ月程早いですが、晴れ渡った春の空の下、シニア選手権1・2回戦が開催されました。

<1回戦>

アウトコース1組目 安藤正夫選手VS菅原正二選手

予選1位メダリストの安藤選手に対し菅原選手は予選16位。菅原選手マッチプレー初挑戦、どこまで食い下がるか。試合は8番ホールまでで安藤さんの3アップ、そこから12番まで安藤さんが連続して4ホール取り結果は7-6で安藤さんの勝ち。菅原選手「勉強になりました」とのコメント。お疲れ様でした。

2組目上野勝選手VS大和田栄二選手

2ヶ月半ぶりのゴルフながら予選会でクオリファイを勝ち取りブランクを感じさせず波に乗る上野選手。対する大和田選手も新年早々オープンコンペ優勝、準優勝と絶好調!勝負はもつれながら16番で決着。3-2で上野選手の勝ち。

3組目細野光雄選手VS荒川恵一選手

パワフルな細野選手VSベテランの荒川選手の勝負は9番ホールまで荒川選手アプローチとパターの調子が悪く、細野選手の5アップ。荒川選手、後半の巻き返しが期待されましたが、調子が上がらず12番にて決着が付き、8-6で細野選手の勝ち。

4組目深見陽一選手VS池田操選手

実は、このお二人、いつも一緒にご来場される同級生同士。何故か池田選手、深見選手を師匠と呼んでおられる間柄。今日は師匠を超えるべく頑張るとおっしゃる池田選手。1番ホールのティーショット、池田選手ナイスショットでした。しかしながら9番ホール終了時で深見選手の5UP。後半に入っても池田選手巻き返せず、結局勝負は13番で着き7-5で師匠の深見選手の勝ち。

インコース 1組目 吉井昭選手VS鈴木和夫選手

勝負は取ったり取られたりで9ホール終了時吉井選手の2UP。そのまま勝負はもつれ17番にて決着2-1で吉井選手の勝ち。鈴木選手健闘しましたが惜しくも1回戦敗退です。

2組目 山下勝紀選手VS堀江健二選手

山下選手の胸を借りるつもりで勝負に臨んだ堀江選手。しかし堀江選手もシングルプレーヤー、大逆転もありかなと試合の進展を見ていましたが、8ホール目で山下選手の4UP。堀江選手の健闘も光りましたが13ホール目で決着が着いてしまいました。6-5で山下選手の勝ち。

3組目 高橋輝夫選手VS宮内正夫選手

スタートから両者がっぷり組んでイーブン、試合が動いたのが6ホール目、宮内選手が1UP。14ホール目で高橋選手逆転し2UP。結局勝負は17ホール目で決着3-1で高橋選手の勝ち。

<2回戦>

安藤正夫選手VS上野勝選手

上野選手1回戦の疲れか、やはり2ヶ月半のブランクは大きいのか4ホール目で安藤選手の2UP。その後も安藤選手は着々と勝ち星を上げ、12番ホールで勝負が着きました。8-6で安藤選手の勝ち。来週の準決勝進出です。

細野光雄選手VS深見陽一選手

二人ともがっぷり四つに組んだ力士のように7ホール目までイーブン。8ホール目で初めて勝負が動き深見選手の1UP。その後取ったり取られたりで、深見選手1UPのまま勝負は最終ホール18番へ。最終ホールでは二人ともセカンドショットでOBとなり、さらに3打目、5打目とOBから取り憑かれた細野選手が自滅。最終ホールで決着が着き深見選手が2UPで勝ちました。深見選手来週の準決勝進出です。

山下勝紀選手VS吉井昭選手

吉井選手1回戦の疲れからかショット・パターに精彩を欠き8ホールで山下選手の6UP。吉井選手10番ホールでもグリーン手前からのアプローチがショートして山下選手7UP。結局12番ホールで勝負あり。8-6で山下選手の勝ち。山下選手準決勝へ。

会沢清昭選手VS高橋輝夫選手

1回戦の疲れも見せず高橋選手、前半戦は宮本武蔵の心境か、1回戦不戦勝で2回戦を待ちくたびれた会沢選手をからかうような余裕を見せ、折り返しの時点では会沢選手の1UP。ところが後半に入り高橋選手スタミナ切れかダウンが続き、15番で会沢選手2UP。16番ホールで決着が着き8-6で会沢選手の勝ち。会沢選手来週は山下選手と準決勝です。

 本日は15名の選手の皆様本当にお疲れ様でした。2回戦終了で準決勝進出選手は安藤選手、深見選手、山下選手、会沢選手となりました。それぞれ準決勝進出選手の皆様は素晴らしい結果を残している選手ばかりですから、来週の試合観戦も大変楽しみです。皆様来週も大変ですが、頑張って下さい。熱戦を期待しております。

準決勝の組み合わせ

7:00スタート安藤正夫選手VS深見陽一選手

7:07スタート山下勝紀選手VS会沢清昭選手