シニア選手権 準決勝・決勝の結果

平成24年4月15日、2週間に亘る熱い戦いの勝ち残り4名の内、誰がチャンピオンとなるのか、面白い展開が期待できそうです。

天気は、絶好のゴルフ日和、14日の冷たい雨が想像できないほど爽やかな陽気となりました。

シニア選手権 準決勝 一組目 安藤選手VS深見選手

6ホール終了で深見選手2UP。6番は安藤選手バーディー逃しで×。7番は3パットで×。安藤選手パットが入らず中々調子が上がりま

せん。9ホール終わった段階で深見選手の3UP。後半の10番で安藤選手が取って深見選手2UP。11番深見選手が取って3UP。12

番安藤選手が巻き返し深見選手またまた2UP。取ったり取られたりで17番まで来てドーミーホール。結局流れをつかめない安藤さんの

2ダウン、深見選手2-1で勝ち。深見選手決勝戦進出です。

シニア選手権 準決勝 二組目

山下選手VS会沢選手

お互いにロングヒッターでパワフル。横綱同士の対決の様相で迫力がある対戦です。6ホール終了で会沢選手の1UP。7番ホール会沢

選手ドライバーで260ヤードのロングドライブ。山下選手も250ヤード超えのロングドライブ。セカンドショットがピンまで約170ヤード。山

下選手先に打ってピン横5mに2オン。会沢選手グリーンをわずかに外しラフからのアプローチ。これをきっちり寄せてパー。山下選手2

オンしたのにそこから珍しく3パット。会沢選手ティーショットが安定しセカンドもパットもミスが無く、唯一のミスは2番で右のバンカーに入

れたこと位。会沢選手にミスがないのでミスをした方は苦しくなります。結局会沢選手が16番で3UPにより山下選手を下し決勝戦進出

です。

<シニア選手権 決勝>

会沢選手VS深見選手

ついに、決勝戦となりました。会沢選手VS深見選手。会沢選手はドライバー、アイアン、アプローチ、パッティングどれをとっても正確で

飛ばし屋で完璧。深見選手も確実に勝負に勝ってメダリストの安藤選手を破って決勝まで進んだ実力は凄いの一言。深見選手は会沢

選手と言う横綱の胸を借りる覚悟でいよいよスタートです。3番ホールまでイーブンで勝負が動いたのは4番ホール、深見選手のボギー

に対し、会沢選手パーで1UP。5番イーブン、6番会沢選手が取って会沢選手の2UP。そこから両者譲らず7,8,9,10番とイーブン。

11番を会沢選手が取って3UP。12番イーブン、ここまで会沢選手に負けなし。結局13,14番と連続して取った会沢選手が5-4で深

見選手を破り優勝です。会沢選手はシニア選手権3連覇達成!!おめでとうございます。

シニア選手権3位決定戦

山下選手VS安藤選手

3位決定戦は山下選手対安藤選手の横綱対決。1番ホールこそ出だしは穏やかにイーブンでスタートしたものの、2番から取ったり取ら

れたりで9ホール終了で山下選手の3UP。負けていられない安藤選手10番で取り返したものの11番で山下選手が取り、またまた山

下選手の3UP。そのまま12番、13番と山下選手に取られ残り5ホールで山下選手の5UP。ドーミーホールとなった14番から後が無

い安藤選手の快進撃が始まります。14番~17番まで連続して安藤さんが取り山下選手5UPから1UPとなりました。18番ホールで山

下選手が負ければサドンデスにてエキストラホールへ移行です。18番ホール、安藤選手のセカンドがわずかにフェアウエイをはずしボー

ルが傾斜を転がり、側溝の横に止まりスタンスが取れず規定の救済措置で側溝脇のラフへドロップ。そこからスプーンで振り抜いた打

球はまっすぐグリーンへ3オン。ボールはピン奥5m。片や山下選手ティーショットが四畳半からこぼれ、右のラフへ。そこからスプーンで

振り抜いた打球はグリーン左のOBゾーンへ入ったように見えたので、打った暫定球はグリーン左のラフ。しかし、2打目はグリーン左奥

のラフにあり、そこからアプローチでピン横やはり5m。二人とも3オンにつきパッティング勝負となりました。結果は二人とも2パットのパ

ー、このホールイーブン。従って3位決定戦は1UPで山下選手の勝ちとなりました。お二人ともお疲れ様でした。

<2012年度シニア選手権 優勝 会沢清昭選手>

<シニア選手権3連覇達成会沢選手のコメント>

今日は運も味方してくれ準決勝、決勝と進む事が出来ました。

天気も良く、対戦相手も素晴らしい選手の皆さんとの勝負でしたから楽しくプレーできました。

朝、来るときに信号無視でパトカーに止められましたが、許してもらえたので今日は運がいいから良いことがあるなと思っていました。

お陰様で運よく優勝できて3連覇を達成し本当に嬉しいです。

準優勝 深見陽一選手

3位   山下勝紀選手

選手の皆様、3週間に亘るシニア選手権にご参加いただきまして誠にありがとうございました。

2012年度のシニア選手権、数々の熱戦が繰り広げられ、新しい伝説を作ることができました。

皆様のおかげをもちまして、会沢選手の優勝、更に会沢選手の3連覇ということでシニア選手権を締めくくることができましたこと

心より御礼申し上げます。

皆様がクラブ競技会をより楽しんで頂けますよう、クラブライフ、コースメンテの充実に我々は一層努力精進して参ります。

ライジング・ゴルフ・マネジメント株式会社

代表取締役 井上木太郎