クラブ選手権1・2回戦の結果

6月10日日曜日、雨の予報に反し時折日差しが射す爽やかな朝、クラブ選手権1回戦、

アウトインに分かれ7:00よりスタート致しました。

<一回戦の結果>

アウト1組目 関 昌一選手VS井上木太郎選手  12番ホールにて7-6で実力通り関選手の勝ち。

    2組目 郡司孝治選手VS上野勝選手    15番ホールにて4-3で上野勝選手の勝ち。

    3組目 会沢清昭選手VS山住進選手    15番ホールにて4-3で会沢選手の貫録勝ち。

    4組目 安藤正夫選手VS海老沢清選手   18番ホールにて2UPで安藤選手のねばり勝ち。

イン  1組目 高橋輝夫選手VS宮沢信行選手    8番ホールにて2-1で高橋選手の勝ち。

    2組目 平塚隆雄選手VS小池伊佐男選手   7番ホールにて4-2で平塚選手の勝ち。

    3組目 上野真紀選手VS角田理恵子選手   7番ホールにて3-2で上野選手の勝ち。

    4組目 山下勝紀選手VS脇田一哉選手     3番ホールにて7-6で山下選手の勝ち。

<2回戦>

 関昌一選手VS上野勝選手 

上野選手、3番ホールから7番ホールまでパットが好調で連続1パットで9ホール終了時点で勝負はイーブン。

後半に入り上野選手に疲れが見え、その疲れからか関選手に追い上げられ16番ホールにて3-2で関選手の勝ち。

会沢清昭選手VS安藤正夫選手

昨年のシニア選手権決勝を戦った二人。勝負は昨年同様16番ホールで着きました。安藤選手ティーショットを

グリーン左15番側左足下がりのラフに入れ、ピンまで15ヤード程の難しいアプローチを残しました。

会沢選手、昨年同様スーパーショットを期待しましたが、ティーショットをグリーンわずかに外し

右側のカラーから7mのアプローチ、パーパットもわずかに外しボギー、安藤選手のアプローチはピンまで

5mのグリーン奥、奥からのパーパットが1mオーバーでボギー。3-2で今回は安藤選手の勝ち。

関選手・・・来週対戦させて頂く安藤選手には4年前に負けているので、今回はリベンジをかけて優勝目指し勝ちに行きます。

安藤選手・・・今日は会沢さんも私も二人とも悪かったので我慢のゴルフでした。来週は関君の成長を見させてもらいます。

山下勝紀選手VS上野真紀選手

前半の上野選手、1回戦のご主人脇田選手のリベンジとばかり、山下選手を白ティーからとは言え毎回オーバードライブ。

片や山下選手、常にグリーンにパーオンさせる技で上野選手にプレッシャーをかけ、上野選手の追撃をかわし12番ホール

にて7-6で山下選手の勝ち。1回戦の脇田選手も山下選手に7-6で負け、ご夫婦揃って仲良く7-6での負けとなりました。

平塚隆雄選手VS高橋輝夫選手

仕事の関係で、寝ないでゴルフですから疲れているはずですが、絶対口には出さない高橋選手、微妙なミスで

勝ちホールを増やせない状態。平塚選手は痛風から解放され調子を取り戻しているので要所要所決めてきます。

予選会では一緒のラウンドだったので和気藹々とプレーしておられました。結局15番ホールにて4-3で平塚選手の勝ち。

山下選手・・・1回戦、脇田君、2回戦真紀ちゃん、脇田夫婦とラウンドして二人とも進歩がみられますが、

スコアメイクが今一つ。上を目指すには練習のみ。来週は永遠のライバル平塚選手と5回目(過去4勝)の対戦です。

楽しみにしています。

平塚選手・・・今日は、高橋さんのミスに付け込んで勝たせて頂きました。来週対戦させて頂く山下選手には

過去4敗しているので今回はリベンジし勝たせて頂きたいと思います。

<準決勝>

7:00 関昌一選手 VS 安藤正夫選手

7:07 平塚隆雄選手 VS 山下勝紀選手

平成24年6月17日、36ホールの長い戦いを制した二人が決勝戦に進出です。

アウトコーススタートのファーストショット

INコース 10H目