クラブ選手権準決勝の結果

平成24年6月17日(日)クラブ選手権準決勝36Hマッチプレーが開催されました。

朝のうち、激しく雨が降る時間帯もありましたが、午後からは嘘のように晴れ渡り気温も28度まで上昇し久々に汗をかきました。

クラブ選手権準決勝一組目

関 昌一選手VS安藤正夫選手 7:00スタート

9ホール終了時点で関選手の3アップ。18ホール終了時点で関選手の7アップ。勝負は28ホール目決定し関選手が9-8で安藤選手を下しました。

関選手「今日はパッティングが悪くバーディーが取れませんでした。安藤さんの調子が今ひとつだったので勝てたようなものです。来週はバーディーを15取るのを目標に頑張ります。山下選手、今日は調子が良かったようですが、ゴルフには調子の善し悪しがありますので、今日、山下選手、幸運を使い果たしたようなので来週は私の番だと思います」

安藤選手「36ホールは疲れますね。でもよく健闘しました。関君、成長しましたね。おめでとうございます。来週は優勝目指して頑張ってください」

クラブ選手権準決勝2組目

山下勝紀選手VS平塚隆雄選手 7:07スタート

9ホール終了時点で山下選手の4アップ。18ホール終了時点で止ました選手の7アップ。勝負は28ホール目で決着し、山下選手が9-8で平塚選手を下しました。

山下選手「先日報知アマ(全国のクラブチャンピオンの集まり)のシニア選手権(箱根カントリークラブで開催)初代チャンピオンになり調子が良かったです。シニア選手権の決勝での対戦相手が千葉の阪田哲男選手でした。彼は今まで99勝しているので、この試合が100勝をかけていて、どうしても勝ちたかったようですが、私も初代チャンピオンに名前を刻みたかったので負ける訳に行きませんでした。この勢いで今日は平塚選手に勝てました。来週は関選手も制して私がチャンピオンになります。」

平塚選手「手が腫れてしばらくクラブが握れずブランクがありましたので、今日の負けは仕方ありません。とにかく山下選手、バーディー・バーディーで上がり、パーを取っても勝てませんでした。来週は頑張ってください」

クラブ選手権決勝 平成24年6月24日 8:00スタート

関 昌一選手 VS 山下勝紀選手 36ホールマッチプレー

6月24日は6月度月例会を併せて開催致します。皆様のご参加をお待ちしております。