クラブ選手権決勝戦の結果

爽やかな朝の空気が心地よい平成24年6月24日日曜日8:00クラブチャンピオンを決定するクラブ選手権決勝戦が開催されました。

決勝に進出した両選手の戦績をご紹介しておきます。

<関 昌一選手>

予選1位(メダリスト)通過 1回戦 対井上選手7-6、2回戦 対上野選手3-2、準決勝 対安藤選手 9-8と決勝まで勝ち上がりました。

また、最近の茨城県での成績は1位、2位と素晴らしい成績を残しています。

第10回茨城県アマチュアオープンゴルフ選手権予選第3会場2012年5月9日(水)桂ヶ丘カントリークラブ 35 39 74 で2位通過

第25回茨城県アマチュアゴルフ連盟選手権予選第1会場2012年4月24日(火) 白帆カントリークラブ 36 36 72 で1位通過

<山下勝紀選手>

予選2位通過 1回戦 対脇田選手7-6 2回戦 対上野選手7-6 準決勝 対平塚選手9-8と勝ち上がりました。

また、13日箱根カントリークラブで開催された報知新聞社主催 第1回報知シニアアマゴルフ選手権最終日に強敵阪田哲男選手を破り見事、初代チャンピオン、日本一に輝く偉業を達成されました。

当ゴルフ場のメンバーから日本一に輝く選手が誕生することは、大変うれしく誇りに思います。下記に報知新聞の記事を掲載致します。

報知新聞社主催 第1回報知シニアアマゴルフ選手権最終日(13日、神奈川・箱根CC) 55歳以上の腕自慢で争われたシニアアマ日本一決定戦、初代チャンピオンには山下勝紀(61)=扶桑=が逆転で輝いた。2位スタートの山下は4バーディー、4ボギーのパープレー72で回り通算2オーバーで優勝。前日首位の阪田哲男(62)は77と崩れ5オーバーの2位に終わり、通算100勝目を逃した。9オーバーの3位はホームコースの鮫島康孝(61)=箱根=。

 日本を代表するトップアマ阪田の100勝目を阻止する逆転優勝。山下は「1年先輩の阪田さんには花を持たせてあげようと思っていたのに、たまたまパットがぽんぽん入ってしまった。大記録にあと1勝だったのに、いじめるような結果になってしまって…」と喜びを抑えた。

 阪田に2打遅れてのスタートだった。1番パー4でバンカーに捕まったが6メートルを入れてパー。次の2番パー3は乗っただけだったが、15メートルをねじ込んでバーディー。勢いに乗った3番パー4は80センチにつけて連続バーディーとして3ホールで阪田に追いついた。その後も手堅くスコアをまとめたのに対し、阪田は13番から3連続ボギーを叩くなど崩れ、勝負がついた。

 本来はドライバーで260ヤード飛ばすショットメーカーでパットは苦手。そこで今回の難しいグリーン用に美喜子夫人のパターを借りてきた。女性用だからシャフトが32インチと短くグリーン上でダフルこともない。ソール部分に「1パット祈願」と書いたシールを貼り付けた。

 「阪田さんには胸を借りる気持ちだったので、パットにしびれることもなかった」のが勝因。これまでは住所のある千葉県のミッドアマ、社会人アマなどに勝っただけ。初めての全国大会制覇は阪田に勝ってのおまけ付きだから、生涯忘れることはない。

正に、今が旬のお二人の激突となりました。

関選手スターティングホールのティーショット

山下選手スターティングホールのティーショット

スターティング1番ホールのティーショットのボールは、これからの面白い戦いを象徴するかのように、お二人とも同じ場所に飛んでいました。

試合の状況

1ラウンド目

関選手が3番バーディー、5番バーディー、6番バーディー、7番パー、8番バーディーで5ホール取り、9番山下選手のバーディーで9ホール終わった段階で関選手の4UP。10番関選手パー、11番山下選手パー、13番山下選手バーディー、15番 山下選手バーディー、17番山下選手バーディー、18番山下選手パーで前半終了時点でイーブン。勝負は後半戦での決着となりました。

2ラウンド目

1番山下選手パーで1UP。2番、3番、4番、5番イーブン、 6番関選手バーディーでイーブンになり、8番関選手バーディーで1UP。13番山下選手バーディーでまたまたイーブン。14番関選手1.5mをねじ込みバーディーで1UP。15番関選手パー、山下選手痛恨のボギーで関選手2UP。16番山下選手バーディーで関選手の1UP。17番双方パーで最終ホール、18番がドーミーホール。

山下選手、分けてはダメ、勝たないと負けてしまいます。勝負は18番グリーンでの決戦となりました。第3打がグリーンオーバーした関選手、奥からのアプローチがピンまで1m。片や山下選手は3打目となる約30ヤードのアプローチがショートしピンまで約6m。1打目のパットがわずかに外れパー。関選手1mのパーパットを決めて勝負は着きました。関選手、山下選手を1UPで破り2012年度クラブチャンピオンの称号を獲得しました。関選手おめでとうございます!!山下選手おつかれさまでした。