2013年度シニア選手権1・2回戦の結果

平成25年4月14日、快晴、気温18℃、先週の予選会とは打って変わって穏やかな陽気のゴルフ日和、桜の花も散り始め、強い風が吹くと正に桜吹雪。クオリファイ16名の選手の皆様、予選から1週間、どんなお気持ちで過ごされたのでしょうか?全員無事にお集まりいただき、勝負の時となりました。

<シニア選手権1回戦>

★アウト1組目 平塚選手VS田島選手

1番ホールから平塚選手快調に飛ばし前半終了時で8UP。田島選手、調子が上がらぬまま7番で分けたものの10番で9-8にて終了。平塚選手メダリストの勢いで2回戦進出。

★アウト2組目 宮沢選手VS吉井選手

前半はお互いに取ったり取られたりで一時、吉井選手の3UPまで行きましたが、8番、9番で宮沢選手が取り返し前半終了時吉井選手の1UP。後半12番で宮沢選手が逆転し1UP。勝負は16番で宮沢選手2UP。

17番ドーミーで結局宮沢選手が17番も取って3-1で決着。吉井選手の健闘が惜しまれるが宮沢選手2回戦進出。

★アウト3組目 関根選手VS深見選手

前半戦は両者共に○が2、×が2でがっぷり組んだ四つ相撲。10番からも変わらず関根選手、深見選手共に良い勝負。14番で深見選手が1UP。勝負は13番、14番と深見選手が取り、15番分けたが16番で深見選手が取り、17番ドーミーホール。

マッチプレー初参加の関根選手17番で分けたものの、残りホールがなく2-1で深見選手が2回戦進出。

★アウト4組目 会沢選手VS海老沢選手

親しき仲にも勝負あり。実力は認めるもののただでは終わらないよと、強敵会沢選手に一矢報いる覚悟で勝負に臨まれた海老沢選手。しかし、出足から5連敗。6番で一つ勝って7番で分かれ、8番、9番、10番と3つ勝って、海老沢選手1DOWNまで挽回。

その後12番、14番と落とし3DOWN。15番負ければ後が無いところで分かれに持って行き、残り3ホール全部勝たねばならない状況で16番の星を落とし4-2で会沢選手が2回戦進出。海老沢選手、一矢報いるどころか4ホール勝って試合を面白くして頂きました。

 ★イン1組目 鈴木和夫選手VS安藤選手

今まで何度も対戦し、お互いの手の内は分かったもの同士。前半終了時、安藤選手の3UP。後半に入り鈴木選手2ホール不運も重なり落とし、鈴木選手5DOWN残り7ホールとなり、何としても5つ勝たなければならない状況の中で、意地で2ホール分かれに持って行き、更に5番ショートで一矢報い、一つ取り返した勢いで残り4ホール全部勝つつもりが6番で取られ、セカンドでの正確さとグリーン周りの上手さで安藤選手が5-3で2回戦進出です。

★イン2組目 上野選手VS鈴木稔選手

初対決のお二人の出だし、鈴木選手は初めてのマッチプレーと言うことで緊張感からか10番で3発のOBを出してしまい上野選手が取りましたが、次のホールはすぐに鈴木選手が取り返し、以後、取ったり取られたりで、前半は上野選手が2UP。鈴木選手食い下がって逆転もあるかと思われましたが、上野選手4UPで残り5ホールの5番ホールがアップドーミー。キチンとこれを取り、上野選手鈴木選手を5-4で下し、2回戦進出です。

★イン3組目 高橋選手VS椎橋選手

こちらも初対決の組合せとなりました。出だし10番で初出場の緊張感からか椎橋選手左に引っ掛け、OB一発で調子が上がらず、前半勝ち星を取ることが出来ず、5つ星を落としましたが、片や高橋選手、先週は不戦勝狙いで行きますとかジョークも出ていましたが、何と不戦勝どころか前半で5UP。

後半に入り椎橋選手が3番で一矢報いましたが、4番、5番分かれに持ち込むも残りホールでも勝つことが出来ず、5番ホールドーミー分かれで終了。5-4で高橋選手2回戦進出です。

★イン4組目 山下選手VS細野選手

予選2位通過でハンディ+2、報知シニアアマ初代王者山下選手に対するは、ハンディ5の実力者細野選手。予選では思いがけずのトラブルで15位通過。山下選手出だし10番でティーショットが左の斜面に落ち、OBは免れたものの厳しい場面のリカバリーが素晴らしくセカンドをフックボールでピン横に付けバーディー。正にピンチをチャンスに変えた一打でした。

11番も山下選手が取り、このまま優位な展開かと思われましたが、13番で細野選手バーディのお返しで、山下選手1UPに逆戻り。16番で2UPとしましたが、細野選手18番を取り返し前半、細野選手1DOWNで折り返し。しかし、後半に入り2番、3番を落とし3DOWN。

4番、5番と分けて細野選手食い下がるも後が無く、6番アップドーミーを山下選手が取り4-3で2回戦進出です。

<シニア選手権2回戦>

★平塚選手VS宮沢選手

2回戦平塚VS宮沢

 平塚選手、宮沢選手、共に前半は勝ち2、負け2のイーブンで折り返し、ところが後半に入り10、12、13、14まで立て続けに平塚選手が取り15番アップドーミーを制し5-3で平塚選手準決勝進出です。

★安藤選手VS上野選手

2回戦上野VS安藤

上野選手は2ラウンド目とは言え予選通過3位の調子の良さを維持して、2番、4番を取り3番を落とすも前半、安藤選手を相手に1UPで折り返すと、安藤選手が後半に入り12番、14番、15番と取り返し安藤選手2UP。

ところが、そうは問屋は卸さないとばかりに上野選手素晴らしいセカンドショットで17番バーディーとし、17番、18番を取りイーブンに持ち込み、試合は振り出しに戻り、サドンデスのエキストラホール10番ホールに移りました。

ところがティーショットが素晴らしい当たりながら左に出てしまいOB、結果は6オン。2ラウンド目の疲れからか本当に残念な結果となりましたが、上野選手お疲れ様でした。安藤選手はマイペースで3オン。ここで勝負が着き準決勝進出は安藤選手。

★深見選手VS会沢選手

2回戦会沢VS深見

 会沢選手VS深見選手の戦いは、正にガチンコ対決となりました。前半、後半、会沢選手が取ったホールは1番、4番、5番、12番、14番、18番分かれ6ホール、負け6ホール。同じく深見選手が取ったホールは2番、6番、7番、10番、11番、13番、負け6ホール、分かれ6ホール。1番から5番までの間に会沢選手が2UP。6番、7番で深見選手がチップインバーディーを取りイーブンで折り返す。

11番では会沢選手アプローチミス、13番左池と会沢選手らしからねゴルフで深見選手にポイントを譲ることになったが、18番で深見全種のティーショットがロストボールとなり、このホール会沢選手となりイーブンにもつれこみエキストラホールに突入となりました。

決着がつかず迎えた10番エキストラホール。お互い3オン、先にパッティングしたのは深見選手8mほどのロングパット、上りのパッティングが少し弱く2mほど残すも、会沢選手が2mのパットを入れれば勝ちのパットを外し、深見選手も残りのパットを決めてイーブン。

18番ホールへ移動。エキストラ2ホール目。パッティングが勝敗を分け勝ったのは深見選手。会沢選手シニア選手権4連覇を逃しました。深見選手エキストラ2ホール目で2回戦を勝ち残り準決勝進出です。

★山下選手VS高橋選手

2回戦高橋VS山下

 山下選手、絶好調のようで、1番ホールこそ分けたものの、2番から7番まで取り続け7番で6UP。8番分けて9番は山下選手3パットで高橋選手が取って、前半山下選手の5UPで折り返し。

10番は分けたものの11番、12番山下選手手堅くパーで決めて7-6で山下選手の勝利。高橋選手、1回戦の疲れがでたのか、山下選手準決勝進出です。

<シニア選手権・準決勝の組み合わせ>

平成25年4月21日

★7:30 平塚選手VS深見選手

★7:37 安藤選手VS山下選手

★4月度月例会 同時開催 スタートAクラス・Bクラス共に8:30スタート ご参加お待ちしております。