2013年度シニア選手権準決勝・決勝結果

◆シニア選手権・準決勝のご報告

平成25年4月21日

本当に寒い一日でした。気温は5℃、4月21日と言う春の暖かい日のはずが、真冬に逆戻りし凍えるように寒い雨のゴルフになってしまいました。

★7:30 平塚選手VS深見選手

準決勝平塚VS深見

降りしきる雨の中、寒さと雨でグローブも濡れてグリップ緩みながら5番ホールまでイーブン。深見選手、6番ロングで水たまりギリギリにあるボールを救済措置を受けずに打ったサードショットがグリーン手前にショートし4オンにてこのホール負け。

同じく7番、8番と負け、9番は分けたものの、寒さのせいかズルズルと3ダウン。10番に入り深見選手アプローチでトップするもピン奥2mに3オン。2パットでボギーながらこのホール平塚選手ダブルボギーとなり深見選手の勝ち。

11番平塚選手ピン横に2オンでパー。深見選手ボギーで平塚選手の3アップ。12番共にアプローチを失敗しボギーで分かれ。13番平塚選手3オン1パットで勝って4アップ。14番お互いにパーで分かれ。15番アップドーミーとなり、平塚選手2オンに成功するも深見選手痛恨のミスショットでギブアップ。平塚選手4-3で深見選手を破り決勝進出です。

★7:37 安藤選手VS山下選手

準決勝山下VS安藤

 5番ホールまで山下選手が1アップで迎えた6番ロング。お互いに3オンするも山下選手6メールのパットをショートするも、安藤選手、上から4mのパットを決めてバーディーでイーブンに戻すも、9番で前半終わるまで山下選手2ボギーながら2アップ。

安藤選手「前半で2ダウンなら大健闘。後半まだチャンスあるからね」と元気よく10番ホールに向かいましたが、山下選手、グリーン奥から20ヤードのアプローチ。この4打目がスーとホールにそのままチップインし、このホールバーディーで取って3アップ。

11番は分けたものの12番、13番、安藤選手ボギーで取られ、山下選手が5アップ。14番ショートホールで山下選手がアップドーミー。山下選手アイアンで打つも20ヤードグリーン手前にショート。「いつもならこのクラブで乗っているのに雨が強いからね」と切り替えた様子。

安藤選手はフェアウェイウッドを持って1オンを狙ったショットがグリーン右にスライスしてしまい、セカンドショットは残り30ヤードのバンカー越えアプローチ。狙った方向はぴったりながら少し強いボールは、大きく弧を描いてグリーンに落ちるとワンバウンドし、ピンに当たりそうに

なりながらカップの上を通過し4mオーバー。山下選手、抜群のコントロールでカップの横1mに2オン。安藤選手入ればイーブンとなるパーパットがオーバーし、安藤選手、山下選手のボールをOKでゲームセット。山下選手安藤選手を破り決勝進出です。

★決勝戦 山下選手VS平塚選手

シニア決勝山下VS平塚

 今まで何度か山下選手と対戦している平塚選手。何とか山下選手を破りチャンピオンの称号を手に入れたいと気合い充分でスタートして行きました。1番はお互いに2オンしイーブン。しかし、2番ホールのセカンドショットが木に当たりペースが狂った平塚選手、ボギーでこの

ホールを落とすとなかなか勝利の方程式が戻って来ず、6番ホールまで山下選手にとられてしまい6番までで山下選手の5アップ。圧巻は5番ショートの難しい2段グリーンの10mはあるかと思われるスライスライン。これを一発で入れてバーディー。平塚選手パーでも勝てず

山下選手の完璧なゴルフに9番ホールが終わった時点で7ダウン。いささか戦闘意欲を失いかけるも、気を取り直して10番ホールへ。平塚選手落胆するのはまだ早い。山下選手、好事魔多し。ゴルフにアクシデントは付きものなのか、山下選手のセカンドショットはフェアウェ

イ左からドローボールで2オンを狙うも、グリーン手前に並んだ大木に当たりOB杭の辺りまで落ちてしまい、傾斜のラフから上手く打って山下選手3オン。平塚選手グリーン手前から50ヤードのアプローチ。窮地を迎えた集中力は正に神技とも言える力を発揮しカップの横に止

まり、平塚選手OKパー。山下選手残り4mのグリーン上からのパットをはずし2パットでボギー。10番で平塚選手一矢報いて、11番はイーブンとするも、いよいよ後が無く12番でアップドーミーとなりました。お互いにグリーンサイドまで運んで、平塚選手、右バンカー手前ラフ

から上手いアプローチで4オン。山下選手グリーン左ラフから20ヤードほどのアプローチ。低く出たボールは吸い込まれるようにカップにそのまま入りチップインバーディー。これで勝負あり。山下勝紀選手2013年度シニア選手権を制しチャンピオンとなりました。

表彰式では、優勝された山下選手、準優勝の平塚選手にメンバーの皆様から温かい拍手が惜しみなく送られました。

シニア優勝山下&準優勝平塚

 優勝 山下選手のコメント

今日は朝から雨と、寒さとの戦いでした。昨年はシニアを会沢選手、クラブ選手権を関選手に取られ無冠となり、1年間クラブハウス前の駐車場を使用することが出来ませんでした。しかし、今日安藤選手、平塚選手のお陰でやっと駐車場の権利を確保致しました。ありがとうございました。

 2013年度シニア選手権 優勝 山下勝紀選手

IMG_1651

シニア組合せ表

◆4月7日から始まった2013年度シニア選手権、21日には大荒れの天気となり、雨と寒さ、難しいコースコンディションを制した山下勝

紀選手が優勝されましたが、3週間に亘って展開された大会は、メンバーの皆様のご協力により盛大に盛り上がり、本日無事に閉会する

ことができました。ひとえに皆様のお陰と心より感謝申し上げます。

ご参加頂きました皆様に心より御礼を申し上げますと共に、益々のご健勝をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

ライジング・ゴルフ・マネジメント株式会社

代表取締役 井上木太郎