クラブ選手権準決勝の結果

6月16日日曜日、夜半から降り続ける雨にコース状態を心配致しましたが、明け方には小降りになりスタート時の7:30にはプレーするには支障が無い程の小降りになって参りました。

時間と共に東の空は明るくなりハーフ終了後には雨が上がり、選手の皆さんレインウエアを脱ぎ身軽になって本来のプレーに力を発揮されました。

★準決勝 1組目 関 昌一選手 VS 細野光雄選手 36ホール マッチプレー スクラッチ競技

クラブ選手権2013準決勝 003

1番ホール関選手が先制したものの、細野選手調子を上げて2番、3番取り、4番分かれ、5番、細野選手ティーショット右ラフ、関選手左バンカーに入れてお互い1オンなし。関選手バンカーからの第2打がトップしてグリーンオーバーするミスショット。細野選手右ラフから3パットでボギー、関選手右ラフから第3打パターで打つもショート。このホール2パットでダボ。細野選手の勝ち。

6番分かれ、7番3オン1パットのパー、8番ティーショット250ヤード飛ばしバンカーを超えてFW残り50ヤード。バーディーパットをはずしパーセーブ。関選手追い上げてイーブンに戻したが、9番ショートで細野選手がパーセーブして前半9ホールを1UP で10番ホールへ。

関選手10番をパーで取り、スコアをまたまたイーブンに戻し、11番お互いにパーで12番。細野選手ティーショット左に曲げてボギー、関選手パーで本日初めての1UP。13番お互いにボギーで14番ショートへ。関選手2オンながらパーで本日初めて関選手2UP。15番関選手、池越えのショートカットでグリーン手前20ヤードまで飛ばすと2パットのパー。細野選手グリーンオーバーし3オン。カラーから4mをねじ込んでパーセーブで分かれ。

16番ショート、細野選手グリーンにはオンしたものの1番手前。10m以上もの上って下りのライン。1m強残し、丁寧にスライスラインで打つもいきなり切れてボギー。関選手グリーンセンターにオン。バーディーパットは1m残すもこれを入れてパーセーブ。関選手3UP。17番で関選手、ティーショットをドライバーで珍しく右の林に入れてしまいOB。関選手このホールダボで細野選手パーで取り、関選手の2UP。18番お互いにパーで前半1ラウンド関選手2UPで昼食です。微妙な神技に影響されるゴルフ。後半が楽しみです。

クラブ選手権2013準決勝 011

2ラウンド目、関選手の2UPでスタートです。1番お互いにパーでスタート。2番で細野選手、微妙にスイングがトップし始めるも、関選手ショットが安定してきて関選手パー、細野選手ボギー。関選手の3UP。3番ホール関選手2オン1パットのバーディー、細野選手3オン2パットのボギーで関選手の4UP 。

4番、5番お互いにパーで関選手の4UP変わらず。6番ロング関選手ピンそばに3オン、バーディーで5UP。細野選手3オンするもグリーンオーバー、2パットで沈めてこのホールパーでも5DOWN。7番パー、パーで分かれ、8番関選手パー、細野選手ボギーで関選手6UP。9番お互いにパーで関選手の6UPで後半戦へ。細野選手、危機感を募らせるもショットが安定せず苦しい展開。

10番でも細野選手セカンドを右へはずしボギー、関選手順当に2オン、2パットでパー7UP。いよいよ後が無い細野選手、11番で負ければ終わりの関選手のUPドーミーホール。ティーショットは関選手ド真ん中へナイスショット。片や細野選手ティーショットを左に曲げOB、暫定球は打ったものの、関選手の2オンを見て、細野選手第4打をクロスバンカーから打つも、パターを手にすることなく細野選手負けを認め、関選手8-7で勝利。

来週の決勝進出です。細野選手、1ラウンド目17番で取り、2UPまで戻すも、その後勝ち星を上げられなかったのが敗因かと思います。細野選手、ベスト4に残るもクラブ選手権第3位で終了です。お疲れ様でした。

クラブ選手権2013準決勝 004

クラブ選手権2013準決勝 005

クラブ選手権2013準決勝 014

クラブ選手権2013準決勝 015

準決勝1組目 関選手 8-7で勝利し決勝戦進出。

<結果表>

ホール    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18

関選手    ○ ×  × -  ×  - ○  ○ ×  ○   -  ○   -   ○  -  ○   ×   -

細野選手  ×  ○  ○ -  ○  - ×  × ○  ×   -  ×   -   ×  -  ×   ○   -

ホール   19 20 21  22  23  24  25  26  27  28  29 30  31  32  33  34  35  36

関選手   -  ○ ○  -   -   ○  -  ○   -   ○   ○

細野選手  -  × ×  -   -   ×  -  ×   -   ×   ×

★準決勝2組目 山下勝紀選手  VS 会沢清昭選手 36ホール マッチプレー スクラッチ競技

クラブ選手権2013準決勝 006

スタートホール1番ではお互いにパーでイーブンにてスタート。2番ロングホール、山下選手ティーショットを右のクロスバンカー越え260ヤードは飛ばすもラフ。会沢選手、山下選手にオーバードライブされるもバンカー横250ヤード。セカンドショットを左目に打ってしまい、隣の5番ホールティーグラウンド左の法面、ピンが見えない箇所からの第3打はピン横2メートル弱のスーパーショット。

山下選手グリーン手前20ヤードまで飛ばすも、ライが悪くアプローチをミスし7mほど残し3オン。山下選手バーディーパットをショートしこのホールパー。会沢選手バーディパットを決めてこのホールを取ると、3番では山下選手がバーディーを取り返し、イーブン。4番お互いにパーで5番ショートへ。会沢選手左のガードバンカーに入れ2打目で出ず3オン。7mのボギーパット入らずこのホールダボ。

山下選手グリーン上からのロングパット外してパーで1UP。山下選手も会沢選手もティーショット、セカンドショット、グリーンでのボールの位置がほとんど同じ位置で、勝負の分かれ目は微妙なパッティングという感じで6番ロングを山下選手が取って2UPとすると7番パー・パー、8番パー・パー、9番ボギー・ボギー、10番パー・パーとお互い譲らず、バーディーを取った方が勝ちと言うハイレベルの戦いとなりました。

クラブ選手権2013準決勝 021

均衡が崩れたのが11番山下選手2オン1パットのバーディー。会沢選手2オン2パットのパーで山下選手3UP。続いて12番山下選手パー、会沢選手ボギーで山下選手4UP。13番山下選手ティーショットを若干左に曲げ、暫定球を打つも池を越えてピンまで20ヤードと言うスーパーショット。アプローチ第2打をグリーン上に付け2パットでパー。会沢選手はティーショットをガードバンカーに入れるもバンカーからグリーン手前にナイスアウト。ここから上りのライン第3打、7mをカップ手前まで持って行き難なくパーセーブ。

お二人の見ごたえある戦いはまるでプロの勝負を観ているようで、技術的にも素晴らしいショットの連続です。14番では会沢選手が2オンするもピン横に素晴らしいアプローチ1パットでパー。山下選手右バンカーに入れてピンまで4mに2オン。そこからパーパットが外れてボギー。山下選手3UPに後退です。続いて15番、16番お互いにパーで17番へ。山下選手このホールバーディーでパーの会沢選手に4UP。18番では山下選手ティーショットを左の林に打ち込みOBで、会沢選手が取りました。

前半1ラウンド終わって山下選手の3UP。このまま昼食休憩となります。2ラウンド目のスタートは11:45。出足は山下選手ボギーでパーの会沢選手が一つ返し山下選手2UP。2番、3番とパー・パーで会沢選手巻き返しのチャンスあり。しかし、4番で会沢選手3パットをしていしまいボギーでパーの山下選手またまた3UP。5番お互いにパーで締めて6番ロングホールへ、山下選手バーディー、7番パーで2ホール続けて取って5UP。8番では会沢選手がバーディーで巻き返し一つ返すも、9番で会沢選手ボギーを叩き、山下選手の5UPで10番へ。

11番、12番ハイレベルの戦いでお互いにパーセーブ。しかし、会沢選手後が無く13番ドーミーホールとなりました。13番山下選手、会沢選手共に正確なティーショットでセカンド勝負となりましたが、あっけなく幕切れとなりました。会沢選手セカンドショットを右目に打ってしまい、グリーン右ラフからボールが転がってOBゾーンへ落ちてしまいOBで勝負あり。山下選手13番ホールで7-5で会沢選手を下し勝利しました。山下選手、会沢選手素晴らしい勝負でした。ティーショット、セカンドショットが同じ場所に落ちることが多く、パットの加減で勝負が決まるのを目の当たりに致しました。強い選手の勝負は楽しいものでした。ありがとうございました。

クラブ選手権2013準決勝 007

クラブ選手権2013準決勝 008

クラブ選手権2013準決勝 016

クラブ選手権2013準決勝 017

準決勝2組目山下選手7-5で決勝戦進出です。

<結果表>

ホール   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18

山下選手 -  ×  ○ -  ○ ○  -  - -  -  ○   ○   -   ×  -  -   ○   ×

会沢選手 -  ○  ×  -  × × -  -  -  -  ×  ×   -   ○  -  -   ×   ○

ホール   19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  29  30  31  32  33  34  35  36

山下選手 ×  -  -  ○ - ○  ○ ×  ○  ○  -   -  ○

会沢選手 ○  -  -  × - ×  × ○  ×  ×  -   -  ×

★決勝戦 6月23日 8:00ティーオフ 山下勝紀選手 VS 関 昌一選手 

山下選手は昨年チャンピオンとなった「報知シニアアマ」の試合で17日から京都「田辺カントリー倶楽部」に入ります。18日練習ラウンド、19日、20日と2日間のストロークプレーによる試合に出場されます。山下選手2連覇目指して頑張って下さい。

試合が終わられたらゆっくり休養をして頂きクラブ選手権決勝戦に備えて頂きたく宜しくお願い致します。また、関選手、23日は山下選手の試合疲れが見えたとしても、手を抜かずクラブチャンピオン2連覇をかけて頑張って下さい。

クラブ選手権2013準決勝 024

クラブ選手権3位のお二人です。戦いを終えた穏やかな表情が印象的ですね。

クラブ選手権2013準決勝 023

・6月度月例会は8:30 Aクラス・Bクラス共にスタートです。皆様のご参加をお待ちしております。

<クラブ選手権 組合せ表>

クラブ選手権2013準決勝 022