クラブ選手権準決勝の結果

平成26年6月15日(日)暑くなりそうな絶好のゴルフ日和、2014年度クラブ選手権準決勝を開催致しました。

本日は、上野競技委員長が選手の応援に駆け付けて下さり、スタート係、先導役を引き受けてくださいました。上野競技委員長一日大変お疲れ様でした。鹿志村選手、関根選手は3大競技会での準決勝マッチプレーは初めての経験です。36ホールの長丁場ですが、訪れたチャンスを大いに楽しんでプレーしていただきたいと思います。

 

★アウト7:30スタート 準決勝マッチプレー36ホール

鹿志村聡選手 VS 関根敏治選手

準決勝鹿志村VS関根

ホール  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

鹿志村聡 - × ○ - - ○ × - ○  × ○ - ○ ○  × -  ○ ×

関根敏治 - ○ × - - × ○  - ×  ○    × - × ×  ○ -  × ○

ホール  19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

鹿志村聡 - - ×  - ×  × ×  × - × - ○  -  × ×

関根敏治 - - ○  - ○  ○  ○  ○ - ○ ー ×  -  ○ ○

<トピックス>

・1番 両者2オン2パットのパーで分かれ。

・2番 鹿志村選手第2打OBで×。

・3番 鹿志村選手2オン2パット、関根選手3オン2パットで鹿志村選手○。

・4番 両者3オン2パットで分かれ。

・5番 両者1オン2パットでパー。分かれ

・6番 鹿志村選手3オン2パットでパー、関根選手3オン3パットで×。

・7番 鹿志村選手ティーショットOB2発でギブアップ。関根選手○。

・8番 両者3オン2パットボギーで分かれ。

・9番 鹿志村選手2オン1パットのパー、関根選手2オン3パットで×。

※9ホール終了時鹿志村選手1UP。

・10番 鹿志村選手ギブアップでイーブン。

・11番 関根選手×で、鹿志村選手1UP。

・12番 両者ボギーで分かれ。

・13番 鹿志村選手○で2UP。

・14番 鹿志村選手○で3UP。

・15番 関根選手挽回し○で、鹿志村選手2UP。

・16番 2オン2パットで両者ボギー

・17番 鹿志村選手3オン1パット 関根選手2オン3パット。鹿志村選手3UP。

・18番 関根選手○。

※18ホール終了時鹿志村選手2UP。関根選手は調子が悪いなりに大崩れしないよう淡々とプレーしておられました。

・19番(1番) 両者2オン2パットで分かれ。

・20番(2番) 両者互角で分かれ。

・21番(3番) 関根選手セカンドショットがピンそば3cmに2オンであわやイーグル。関根選手イーグル逃しのバーディーで○。鹿志村選手1UP。

・22番(4番) 両者3オン2パットのボギーで分かれ。

・23番(5番) 関根選手1オン2パットでパー。鹿志村選手2オン2パットで×。ここでイーブンとなりました。

・24番(6番) 関根選手第1打が池に入るも○で1UP。

・25番(7番) 関根選手3オン2パット、鹿志村選手4オン2パットで×。関根選手2UP。

・26番(8番) 関根選手2オン2パットのパー、鹿志村選手3オン2パットで×。関根選手3UP。

・27番(9番) 両者ボギーで分かれ。

※27ホール終了時、関根選手逆転で3UP。鹿志村選手どうしたことか後半に入り、一気に星を落とし分けにもっていくのが、いっぱいで1ホールも取れませんでした。なんとか頑張ってほしいものです。

・28番(10番) 関根選手パー、鹿志村選手ボギーで関根選手4UP。

・29番(11番) 両者パーで分かれ。

・30番(12番) 関根選手第2打OBで鹿志村選手○ 関根選手3UP。

・31番(13番) 両者ともにパー。関根選手3UP変わらず。

・32番(14番) 関根選手パー、鹿志村選手ボギーで関根選手4UP。

・33番(15番) ついに33ホール目でドーミーホールとなりました。関根選手、勝負強くパーで上がり、鹿志村選手ボギーで勝負あり。後半は鹿志村選手人が変わったように力なく星を落としてしまいました。前半の勢いがほしかったですね。

※鹿志村選手前半18ホールは2UPで折り返しましたが、後半1に入り9ホールは5Downで勝ちホールなしで、関根選手の3UPと逆転され、再度鹿志村選手の巻き返しを期待しましたが、30番目の12番ホールで関根選手のOBでの自滅以外取り返せず、ずるずると行ってしまい、33ホール目で3ホール残し関根選手が5-3で勝利。決勝戦進出です。(上野競技委員長観戦記)

 

★アウト7:37スタート 準決勝マッチプレー36ホール 

会沢清昭選手 VS 桜田光弘選手

準決勝会沢VS桜田

ホール    1   2   3   4   5   6   7    8   9   10  11  12  13  14  15  16  17  18

会沢清昭 ○  - -  ○  - - - ○ ○ × × ○ × - × -  ×   ×

桜田光弘 ×  - -   × - - - × × ○ ○ × ○ - ○ - ○ ○ 

ホール  19 20  21 22 23  24  25  26  27 28  29     30   31  32   33   34  35  36

会沢清昭 ○ - ○  - ○  ○ × - × ×  - ×  - - × ○ ×

桜田光弘 ×  -   ×  - ×  × ○ - ○  ○ -  ○  - - ○ × ○

<トピックス>

※9ホール終了時会沢選手4UP。桜田選手なかなか取れません。

・10番 会沢選手第1打OBで桜田選手○ 会沢選手3UP。

・11番 会沢選手セカンドショットミスし桜田選手○ 会沢選手2UP。

・12番 桜田選手第1打OBで会沢選手○ 会沢選手3UP。

・13番 会沢選手3パットで× 会沢選手2UP。

・14番分け

・15番 桜田選手バーディーで○ 会沢選手1UP。

・16番お互いにボギーで分け 

・17番会沢選手第1打、第2打ミスショットでイーブン。

・18番 会沢選手3パットで× 桜田選手1UPで逆転に成功。

※18ホール終了時、桜田選手逆転に成功し1UPで後半に備えます。

・19ホール目(1番)桜田選手3パットで×。イーブンに戻り。

・20(2番)ホール目パーで分け。

・21ホール目(3番) 桜田選手OBで会沢選手逆転で1UP。

・22ホール目(4番)分け。

・23ホール目(5番)桜田選手1mのパット外し×。会沢選手2UP。

・24ホール目(6番)桜田選手セカンドショットを池に入れ×。会沢選手3UP。

・25ホール目(7番)会沢選手セカンド、サードショットミスで桜田選手○ 会沢選手2UP。

・26ホール目(8番) 分け

・27ホール目(9番) 会沢選手1.2m外し桜田選手○ 

※27ホール終了で会沢選手の1UP。勝負は取ったり取られりのシーソーゲーム。観戦者には大変面白い勝負です。

・28ホール目(10番)会沢選手OBでイーブン。振出しに戻りました。

・29ホール目(11番) 両者パーでイーブン。

・30ホール目(12番)会沢選手OBでギブアップ。桜田選手1UP。

・31、32ホール目(13番、14番)両者パーで桜田選手の1UP変わらず。

・33ホール目(15番)会沢選手OBでギブアップで桜田選手2UP。会沢選手スタミナ切れか?

・34ホール目(16番)桜田選手パット1m外し、会沢選手○。桜田選手1UP。

・35ホール目(17番)ドーミーホール。会沢選手2オン3パットで×。桜田選手2-1で勝利。

※1ホール残し桜田選手が2-1で勝利。桜田選手決勝戦進出です。

お互いにアウト・インで得意なコースがあったようで、会沢選手はアウトコースで優位に立ち、桜田選手はインコースで逆転する、そんな横綱相撲のように自分の型にもっていけば強いという、得意なコースでお互いに取りに行くという展開でした。

最後は、桜田選手の得意なインコースでの勝負となり、34ホールまで会沢選手粘りましたが、35ホール目でスタミナが切れてしまったようです。お二人ともお疲れ様でした。(二田水支配人観戦記)

 

★決勝戦は関根敏治選手VS桜田光弘選手 

決勝進出2名

6月22日(日)アウト7:30スタートです。

※関根選手 はるばる決勝戦まで来たので、今までの成果を出せるよう来週は頑張ります。

※桜田選手 身体のケアをきちんとして、体調を整え来週の決勝戦に備えます。

 

6月度月例会のスタートは6月22日(日)8:30となっております。

関根敏治選手か桜田光弘選手のどちらかが2014年度クラブチャンピオンとなります。

ライジングゴルフクラブを象徴する2014年度クラブチャンピオンの誕生です。

ベテランが勝つか若さが勝つか、本当に楽しみな一戦です。

当日は、メンバーの皆様、たくさんの応援を賜りたいと思います。

皆様のエントリーをお待ちしております。