平成28年10月度月例会結果ご報告

平成28年10月16日(日)10月度月例会開催致しました。

8月お盆辺りから2か月間も土日は雨が降り、2か月ぶりの土日の晴天とテレビで報じられておりましたが、雨の土日はゴルフ場にとりまして、厳しい経営環境となりますね。しかし、本日は朝から快晴で気温も上がり時折吹く風に爽やかさを感じられる一日となりました。久しぶりの晴天に感謝です。

今月はAクラス26名・Bクラス3名、合計29名のご参加を頂きました。集計はA・B混合となります。競技委員宮沢信行さん、桜田智久さん当番でのアテスト、スタート係ありがとうございました。

1組目

村松国夫選手 BクラスながらA・B混合での優勝は素晴らしいですね。2連覇狙いましょう!

宮内正夫選手 9月は85で3位でした。8月は準優勝。今月は優勝目指して下さい。

菅原正二選手 9月はA・B混合で5位。ゴルフ合宿が功を奏しているようですね。

宮沢信行選手 9月は39 44 合計83で6位となりましたが、仕事が忙しくゴルフから遠ざかっていたとお聞きしましたが、基本が出来ていると多少のブランクは問題ないことを証明しましたね。

10%e6%9c%88%e6%9c%88%e4%be%8b%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%881%e7%b5%84%e7%9b%ae

2組目

岩松恒雄選手 9月は復調の兆しがありました。88で8位でした。

井上広巳選手 ハンディ6。9月は84で9位でした。今日は80切りを目指しませんか?

本告時晴選手 7月は5位入賞されました。80台が出れば上位定着間違いなし。

吉井 昭選手 9月は86で10位でした。ハンディ8にて80なら上位定着間違いなし。

安田憲治選手 9月は90で13位でした。7月8月から上昇気流に乗っていますがハンディ10を活かすためには90切りですね。

%e6%9c%88%e4%be%8b%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%882%e7%b5%84%e7%9b%ae

3組目

細野光雄選手 最近スイングの少しのブレでボールの芯に当たらず、スコアが伸びないとのこと。9月は珍しく88叩いてました。今日は頑張って下さい。

江坂 彰選手 ハンディ10の実力者。9月は94で17位でした。今日は90切りでお願いします。

角田 清選手 ハンディ8に付80で上がるとパープレー。この2か月90台が続いていますので今日は80台でお願いします。

木村 治選手 ハンディ13に付85を目標にお願いします。7月の91は記憶に新しいですよ。

%e6%9c%88%e4%be%8b%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%883%e7%b5%84%e7%9b%ae

4組目

本告ひさ子選手 8月94なのに、どうしたことか9月102回。本来の実力では90も切れるはず。今日は頑張って下さい。

岩松まち子選手 7月は89で7位入賞するも9月は少し荒れてしまいましたが今日は期待しています。

高橋輝夫選手 ハンディ8にて中々優勝から遠ざかっていますが、コンパクトなスイングから飛んでいくボールはコントロールされています。

上條 修選手 とにかく真面目な性格の上條選手、多く叩こうが気にしない目標に向かってまい進するだけ。今日も頑張って下さい。

%e6%9c%88%e4%be%8b%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%884%e7%b5%84%e7%9b%ae

5組目

本告時晴選手 8月は94で15位。9月は叩きましたが今月は調整して下さい。

中村慎一朗選手 ハンディ13にて今月から参戦です。9月のスコアは42、41で83。今月も83ならネット70で2アンダー優勝に絡みます。

安本郁夫選手 現在ハンディ18でもう一息!Bクラス優勝は何度も飾りました。頑張って下さい。

桜田智久選手 2016年度理事長杯優勝者。8月、9月グロス85と言えども最近の上達ぶりは優勝を常に狙える位置におられます。

10%e6%9c%88%e6%9c%88%e4%be%8b%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%885%e7%b5%84%e7%9b%ae

6組目(イン1組目)

山下勝紀選手 今月10月12日、13日アスレチックCCで開催された関東ミッドシニアゴルフ選手権に出場され、2日間76,77合計153で5位タイの大健闘。出場選手129名中5位とは凄いですね。今日は疲れを引きづらなければ良いですね。

郡司孝治選手 5月以来のご参加で、山下選手との組み合わせに打倒山下の気合が見えました。頑張って下さい。

山住 進選手 8月は84で6位入賞でした。山下選手とのラウンドで集中力が高まること期待しています。
10%e6%9c%88%e6%9c%88%e4%be%8b%e3%82%a4%e3%83%b31%e7%b5%84%e7%9b%ae-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

7組目 (イン2組目)

関 昌一選手 ハンディ+2 昨年から圧倒的な強さを身に着けているようで出場された試合では常にベスグロは獲得されています。ハンディが+2ではグロス5アンダー位でないと優勝は出来ないかもしれませんね。

水津 登選手 昨年12月と今年の8月に優勝されているので実力は皆さんが認めるところです。今日も優勝狙ってください。

深見陽一選手 昨年12月以来のご参加です。ハンディ6の実力者。上位入賞は間違いないでしょう。
10%e6%9c%88%e6%9c%88%e4%be%8b%e3%82%a4%e3%83%b32%e7%b5%84%e7%9b%ae-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

8組目 (イン3組目)

安藤正夫選手 7月以来のご参加です。7月は78で4位入賞。今月は18日に行われる火曜杯の練習ラウンドでしょうか。

鈴木 稔選手 7月82で3位、8がつ84で3位、9月は参加せれていませんが、最近のスコアを見させていただくと絶好調ですね。

皆川栄明選手 9月の開場記念杯優勝は新ペリアとは言え素晴らしいですね。一時スランプがありましたが最近は復調し80を切る寸前まで来ていますね。頑張って下さい。

10%e6%9c%88%e6%9c%88%e4%be%8b%e3%82%a4%e3%83%b33%e7%b5%84%e7%9b%ae

<優 勝>

水津 登選手 アウト39 イン35 グロス74 HDCP4 ネット70

優勝コメント:今月開催された関東ミッドシニア選手権山下さんと一緒に出場しましたが、予選通過に1打足りずで全日本に行けませんでした。だから、今日はクラブを全部変えて気分を変えて参加しました。
ドライバーはダメでしたが、パターが良かったので良いスコアで廻れました。一緒にラウンドして頂いた関さんの良いショットも参考になりました。優勝できてうれしいです。ありがとうございました。

10%e6%9c%88%e6%9c%88%e4%be%8b%e5%84%aa%e5%8b%9d%e8%80%85

成績表 (敬称略させていただきます)A・B混合

順位 参加者氏名 OUT IN GROSS HDCP NET GROSS順位 備 考
1 水津 登 39 35 74 4 70 2 優勝
2 鈴木 稔 41 40 81 11 70 8 準優勝
3 関 昌一 35 34 69 +2 73 1 3位・BG
4 桜田智久 43 39 82 9 73 10
5 宮沢信行 44 36 80 6 74 4 5位
6 宮内正夫 41 46 87 13 74 14
7 皆川栄明 46 41 87 13 74 15 7位
8 中村真一朗 42 45 87 13 74 16
9 深見陽一 40 41 81 6 75 7
10 高橋輝夫 42 40 82 7 75 9 10位
11 安藤正夫 40 41 81 5 76 6
12 細野光雄 38 43 81 4 77 5
13 郡司孝治 47 38 85 7 78 11
14 吉井 昭 41 45 86 8 78 13
15 菅原正二 47 49 96 18 78 23 15位
16 山下勝紀 39 40 79 0 79 3 当日賞
17 本告ひさ子 47 46 93 14 79 19
18 岩松まち子 48 46 94 15 79 20
19 井上広巳 43 43 86 6 80 12
20 山住 進 45 45 90 10 80 17 20位
21 安田憲治 43 48 91 10 81 18
22 岩松恒雄 49 46 95 11 84 21
23 木村 治 47 50 97 13 84 25
24 安本郁夫 50 53 103 18 85 27
25 江坂 彰 50 46 96 10 86 22 25位
26 本告時晴 53 48 101 14 87 26
27 角田 清 47 50 97 8 89
28 上條 修 47 57 104 15 89 28 BB
29 村松国夫 59 57 116 24 92 29 BM

<競技委員会からのご報告>

1. ハンディキャップの改正(敬称略)

Aクラス 水津 登 現在 4 ⇒ 新ハンディ 3

鈴木 稔  現在 11 ⇒ 新ハンディ 9

2. 次回月例会11月20日 11月度月例会当番 アテスト 水津 登委員  スターター 高橋輝夫委員

3. 2017年度競技日程表作成

4. 2017年度より3大競技のマッチプレーは、パスをなくし2名×2名が1組として通常スタートすることでお客様を待たせることを解消します。

5.2017年度よりキングオブキングス杯を12月開催に付廃止し、開場記念杯にてメンバー、メンバー同伴ビジター、一般ビジターが楽しめるオープンコンペにするべく検討します。

以上