2017年度クラブ選手権準決勝の結果

平成29年度6月18日(日)曇 
暑すぎず、涼しすぎず、最高のゴルフ日和の中、「クラブ選手権」準決勝開催されました。
2017年度ベスト4、山下勝紀選手VS細野光雄選手、桜田光弘選手VS関昌一選手、36ホールマッチプレー7:00にスタート致しました。
1番スタート前練習グリーン

準決勝山下VS細野、桜田VS関

山下勝紀選手VS細野光雄選手
2017準決勝山下VS細野
山下ティーショット
細野ティーショット
     
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18ホール
山下選手  × - - - - - ○ × ○  -  ○  ○  -  × – ○  -  ○
細野選手  ○ - - - - - × ○ × – ×  ×  -  ○ – ×  – ×
      19 20 21 22 23 24 25 26 27ホール
      1  2  3 4 5 6 7 8 9
山下選手  -  ○  ○ ○  ○  – ○  ○  ○
細野選手  -  ×  × ×  ×  – ×  ×  × 

27ホール目で10-9 にて山下選手勝利。決勝戦進出です。

前半9ホール取ったり取られたりで、両選手お互いにパープレー、互角の勝負にてイーブンで折り返しました。勝負が動いたのが11番から。山下選手パーセーブし12番も取って2UP。13番分けたら14番は細野選手1つ返したが、16番、18番山下選手が取って18ホール終了時で山下選手3UP。

昼食後、1番ホール山下選手が真中のバンカーに入れ、セカンドショットが砂に食われ30ヤードしか飛ばず、左のラフから打ったサードショットが、何とピンそばに止まりこのホールナイスリカバリーでパー。細野選手ティーショットが右のラフマウンドに止まり、杉の木の間をうまく通り抜けグリーン右のカラーにオン。上手く寄せてパー。二人ともナイスリカバリーで勝負は拮抗するかと思われましたが、2番、3番、4番、5番と連続して山下選手が取ってここまで7UP。

6番は二人ともパーで切り抜けイーブンとなりましたが、細野選手後がない。細野選手疲れが出始めたのか力んでのダフリが目立ち始め7番、8番取られ9ダウン。9番で山下選手のアップドーミーとなり、細野選手の頑張りもここまで。9ホール残し10-9で山下選手の勝利。山下選手決勝戦進出です。おめでとうございます。細野選手お疲れ様でした。

桜田光弘選手VS関昌一選手
準決勝桜田VS関
桜田ティーショット
関ティーショット
     
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18ホール
桜田選手  - - ○ - × × - × ×  ○ -  – ×  – – – ×  - 
関 選手  - - × - ○ ○ - ○ ○  ×  – – ○  – – – ○  –
      19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36ホール
      1  2  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
桜田選手  -  -  – -  -  × ○  ×  × ○  -  -  -  –
関 選手  -  -  - -  -  ○   × ○  ○ ×  -  -  - -

32ホール目で5-4 にて関選手勝利。決勝戦進出です。

関選手ハンディ+2、桜田選手ハンディ2 ハンディの差がマッチプレーにどう影響するのか、若手のホープ2名の直接対決!
出だし1番はお互いにパースタート。2番でお互いにボギーをたたきイーブン。3番は関選手ボギーでパーセーブした桜田選手先行するも5番、6番関選手取り返し、関選手1アップ。6番で関選手バーディー。
しかし、7番お互いボギーで桜田選手パーが取れない。すると8番で関選手バーディーで2アップ。9番パーで関選手3アップで前半終了。

後半10番で関選手痛恨のダボを叩き1つ返され2アップとなるも11番、12番パーでイーブンにて変わらず。13番関選手パーでまた1つ取って3アップ。14番お互いにボギーとなり分けて15番、16番パーセーブするも桜田選手分けては意味がない。バーディーで何とか1つ返したいところですが、関選手17番、18番連続バーディー、桜田選手18番でバーディーとするも18番分けて18ホール終了時、関選手4アップ。

後半19ホール目である1番から5番までお互い譲らず、二人とも連続パーで凌ぎました。桜田選手バーディーチャンスが何回かあり、一つでもバーディーを取って返したいところですが、勿体ないことに5ホール分かれ。そんなところでチャンスを生かしたのが関選手6番バーディーで、また1つアップし5アップと致しました。7番桜田選手パーで取り返し4ダウンと致しましたが、8番、9番関選手パーとするも桜田選手ボギーを叩き27ホール目で6アップ。

なんと関選手10番ホールが鬼門なのか、苦手なのか、またまたダブルボギーを打ってしまい、1つ返されて関選手5アップ。桜田選手何とか挽回しないと後がない。11番分けて12番バーディーとするも2人ともバーディに付差が縮まらない。桜田選手連勝するしか勝つ方法はないが13番、14番お互いにパーでは残りホールがない中勝負あり。関選手5-4で桜田選手を32ホール目14番で下し勝利。決勝戦進出です。おめでとうございます。桜田選手お疲れ様でした。

<2017年度クラブ選手権決勝戦>
決勝組合せ

平成29年6月25日(日)36ホールマッチプレー
8:00 山下選手VS関選手決勝戦スタート致します。

山下勝紀選手 VS 関昌一選手

初代報知シニアアマチャンピオン、当クラブグランドスラム達成 歴戦の猛者、山下勝紀選手 VS 2015年度、2016年度クラブチャンピオン、3連覇のかかった関昌一選手の対決となりました。

当日は6月度月例会も同時開催致します。クラブチャンピオンがかかったお二人の対戦に是非熱いご声援を送って頂きたくお願い申し上げます。
<19番ホール>
1番(19)関セカンド
1番(19番ホール)細野セカンド
山下1番バンカーショット
19番桜田セカンド
<21番ホール>
3番細野バンカーショット
<22番ホール>
4番関セカンド
4番ラフから山下
4番桜田セカンド
<23番ホール>
5番ティーショット山下
5番グリーン
<25番ホール>
7番アプローチ山下
7番細野
7番山下
<27番ホール>
9番細野バンカーショット
9番桜田アプローチ
準決勝9番グリーン

クラブ選手権2017年度1回戦・2回戦の結果

平成29年6月11日(日)ライジングゴルフクラブ2017年度「クラブ選手権」1回戦、2回戦マッチプレーの結果をご報告いたします。
天候は雨の予報を裏切り快晴。午後は時折冷たい風が吹き雷を警戒致しましたが、2回戦終了まで雨には降られず選手の皆さんはベストな状態で戦えました。
11日朝1番
11日朝1番T
11日朝練習グリーン

1回戦組合せ

<1回戦>対戦する2名が4名1組にて通常スタートにてプレー致します。
1組目
☆山下勝紀選手VS脇田一哉選手 
1回戦山下VS脇田
山下1回戦
1回戦脇田
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
山下選手  ○ ○ ○ ○ - ○ ○ ○ - ○ ○
脇田選手  × × × × - × × × - × ×
※脇田選手、山下選手相手に11番まで持ち堪えました。11番UPドーミーにて9-7で山下選手勝利。2回戦進出。脇田選手お疲れ様でした。

☆鹿志村聡選手VS上野勝選手
1回戦鹿志村VS上野
鹿志村1回戦
上野選手1回戦
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
鹿志村選手 - ○ ○ - - ○ ○ ○ × - × - - - ○
上野選手  - × × - - × × × ○ - ○ - - - ×
※鎖骨骨折から回復し、先週参加されたお取引先コンペでは優勝された上野選手、今日は調子を落としておられる様で上手く歯車がかみ合わず15番ドーミーにて4-3で鹿志村選手勝利。2回戦進出。

2組目
☆平塚隆雄選手VS高橋輝夫選手
平塚VS高橋1回戦
平塚1回戦
高橋1回戦
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
平塚選手 ○ ○ ○ - × - ○ - ○ ○ ○ ○ 
高橋選手 × × × - ○ - × - × × × ×
※高橋選手最後まで調子が上がらず5番で1つ取ったものの12番でドーミーとなり7-6で平塚選手勝利。 2回戦進出。

☆細野光雄選手VS深見陽一選手
細野VS深見1回戦
細野1回戦
深見1回戦
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
細野選手 ○ ○ × ○ ○ × - - - - - - × ○ × ○ - 
深見選手 × × ○ × × ○ - - - - - - ○ × ○ × -
※勝負は一進一退、取ったり取られたりで白熱致しました。17番まで勝負はもつれ2-1で細野選手2回戦進出。

2回戦16番細野選手

3組目
☆桜田光弘選手VS上野真紀選手
1回戦桜田光VS真紀
桜田光選手1回戦
真紀選手1回戦
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
桜田光弘選手 - - ○ - ○ ○ × ○ × ○ - - - - - ○
上野真紀選手 - - × - × × ○ × ○ × - - - - - ×
※上野選手10ホールまで3ダウンにて挽回を期し5ホール我慢で耐えましたが、後が無くなり桜田選手4-2で勝利。しかし、上野真紀選手、実力は本物。侮れません。桜田選手2回戦進出。

☆井上広巳選手VS角田清選手
1回戦井上VS角田
井上選手1回戦
角田選手1回戦
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
井上選手 - ○ ○ ○ - ○ - - × - - - ○ - - 
角田選手 - × × × - × - - ○ - - - × - -
※井上選手前半終了時で4UP。角田選手良く凌ぎましたがなかなか勝ち点を取れず。4-3で井上
選手勝利。2回戦進出。

4組目
☆桜田智久選手VS中村真一朗選手
1回戦桜田VS中村
桜田智1回戦
中村選手1回戦
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
桜田選手 - × - × × ○ ○ ○ ○ ○ - ○ - - - -
中村選手 - ○ - ○ ○ × × × × × - × - - - -
※中村選手前半3UPで有利にスタートするも、桜田選手6番からギアを入れ破竹の進撃にて中村選手2ダウンとなり、後半耐えてチャンスを伺いましたが後がなく桜田選手3-2で勝利。2回戦進出。

☆関昌一選手VS坂本圭選手
1回戦関VS坂本
関選手1回戦
坂本1回戦
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
関選手   ○ ○ ○ ○ × ○ ○ ○ ○ ○ ○
坂本選手  × × × × ○ × × × × × ×
※関選手出足から余裕の勝ち点を重ね9-7で勝利。2回戦進出。5番で坂本選手一矢報いるもその後勝ち点取れず。

<2回戦>
1回戦組合せ

★山下勝紀選手VS鹿志村聡様
2回戦山下鹿志村選手
2回戦山下選手
2回戦鹿志村選手
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
山下選手   ○ ○ ○ ○ - ○ ○ - ○ - ○
鹿志村選手  × × × × - × × - × - ×
※鹿志村選手勝ち点取れず残念ながら敗退。山下選手×無し。8-7で準決勝進出。

★平塚隆雄選手VS細野光雄選手
2回戦平塚細野選手
2回戦平塚選手
2回戦細野選手
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 EX10 EX18
平塚選手 × × - ○ ○ - ○ - - × - - × ×  ○ ‐ ○ ‐  -   ×
細野選手 ○ ○ ‐ × × - × - - ○ - - ○ ○  × - × -  -   ○
※細野選手2UPでスタートするも、平塚選手4番5番取って挽回し、18番まで取ったら取りかえすで勝負がつかず、今大会唯一のエキストラホールに突入しました。サドンデス2ホール目5mのパーパットがカップを1周し入らなかった平塚選手に対し、3mのパーパットが最後の一転がりでカップに入った細野選手に勝利の女神が微笑みました。細野選手準決勝進出です。

★桜田光弘選手VS井上広巳選手
2回戦光弘選手VS井上選手
2回戦桜田光選手
2回戦井上選手
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 
桜田選手 × - ○ - ○ × ○ × - ○ ○ - × ○ ○ - 
井上選手 ○ - × - × ○ × ○ - × × - ○ × × -
※勝負は取ったり取られたの白熱した展開となりました。後半に入り10番、11番で桜田選手が先行し井上選手13番で一つ取り返すも14番、15番を取られ井上選手後がなくなり3-2で桜田選手勝利。準決勝進出です。

★桜田智久選手VS関昌一選手 
2回戦関選手VS桜田智選手
2回戦智久選手
2回戦関選手 
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 
桜田選手 ○ × - - - - × - × × ○ × - - ×
関 選手 × ○ - - - - ○ - ○ ○ × ○ - - ○
※桜田選手幸先よく1番を取るも、早速2番で関選手に取り返されるというスリリングな展開が続くと思ったら、思いの外6番までイーブンで推移し、お互い我慢のゴルフとなりましたが、7番から関選手波に乗り15番で土俵を寄り切ったように4-3で勝利。準決勝進出。
2組目12番パッティング

<準決勝の組み合わせ>
準決勝組合せ

平成29年6月18日(日)

アウト7:00スタート

★山下勝紀選手VS細野光雄選手

★桜田光弘選手VS関昌一選手

ベスト4出揃いました。関選手の3連覇を阻止し本年度のクラブチャンピオンに輝くのは誰か?

関選手はクラブチャンピオン3連覇がかかっています。

本年度シニアチャンピオンの細野選手も調子が上がっています。

報知シニアアマ初代チャンピオンで当クラブ3大競技会においてはグランドスラム達成の山下選手は百戦錬磨の強敵と言える存在です。

更に当クラブ元クラブチャンピオンの桜田選手も強力な存在です。

大変面白い展開となって参りました。
来週も皆様のご声援、よろしくお願い致します。

<平塚選手VS細野選手エキストラホール対決>
サドンデス10番平塚

サドンデス10番細野

細野10番バンカー

平塚10番パーパット

18番Tshot

サドンデス18セカンド

細野18番トラブル

平塚細野18G-3

2回戦平塚細野18番G2

エキストラ18番決着

 

クラブ選手権2017年度予選結果

<パワ―スポットとして注目が集まる「ライジングロック」>
6月4日景色1
<グリーンの色がきれいに出てきた9番グリーン>
6月4日景色9番
平成29年6月4日、すっきりと晴れ渡った青空とさわやかな風が相俟って、これ以上ないほどの最高のゴルフ日和となりました。
参加者17名にて開催されました2017年度「クラブ選手権」、予選通過されましたクオリファイ16名を発表いたしますとともに、1回戦組合せスタート時間をお知らせいたします。

<クラブ選手権予選>
使用ティー 男性: 青 女性: 白
18ホール スクラッチ
順位決定方法 マッチング・スコアカード
男性16名 女性1名 合計17名

<予選組み合わせ>
1組目
 クラブ1組目2017
関 昌一選手 2015年度 2016年度クラブチャンピオン コースレコード65保持者 ハンディ+2
関2017
細野光雄選手 2017年度シニア選手権優勝者 3大競技会では決勝戦まで勝ち残り多し。ハンディ4 
細野2017
鹿志村聡選手 2017年2月月例会優勝 ハンディ9
鹿志村2017
中村真一朗選手 2017年5月度月例会優勝 ハンディ11
中村2017

2組目
クラブ選手権2組目
山下勝紀選手 初代報知シニアアマチャンピオン ハンディ0 シニア選手権、クラブ選手権、理事長杯優勝のグランドスラム達成者
クラブ山下
宮沢信行選手 ハンディ6 3大競技ではまだタイトルは取っていませんが実力者です。
クラブ宮沢
桜田智久選手 2016年度理事長杯、キング杯優勝。 ハンディ9 今年のダークホース。
クラブ桜田兄
上野真紀選手 ハンディ4 久しぶりのご参加でアスリート復活の期待大。紅一点ながら勝ち残りが楽しみな存在です。
クラブ真紀

3組目
クラブ3組目
桜田光弘選手 2015年度クラブ選手権チャンピオン。ハンディ2。関選手よりタイトル奪還なるか。
クラブ光弘 
深見陽一選手 2016年度理事長杯1位通過、元理事長杯チャンピオン。ハンディ6。今年は活躍が期待できそうです。
深見クラブ
高橋輝夫選手 月例会優勝はありますが、3大競技での優勝はこれからです。大叩きしない固いゴルフが身上です。ハンディ7。
高橋クラブ

4組目
4組目
平塚隆雄選手 昨年のシニア選手権チャンピオンでクラブ選手権メダリスト。今年は本調子ではないのでそろそろ復活が待たれます。ハンディ2。
クラブ平塚
井上広巳選手 月例会の優勝は数回あるも、未だ3大競技のタイトルはなし。今年は何とかなりそうですね。ハンディ6 
クラブ井上
脇田一哉選手 久々のご参加です。16kgのダイエットを達成され見事にスリムな体型となられました。減量をやり抜く意志の強さは、勝負に勝つ気力にもつながります。ハンディ14。
脇田

5組目
5組目
上野勝選手 昨年の鎖骨骨折からリハビリを経て、そろそろ完全復活の様子が見えてきました。ハンディ4。昨年の1回戦山下選手を破ったことは記録より記憶に残っております。
上野
角田清選手 2015年度理事長杯チャンピオン。シニア選手権、クラブ選手権のタイトルも狙ってください。ハンディ8。
角田
坂本圭選手 三大競技では昨年のクラブ選手権初参加。今年はかなり進化しています。Bクラスながらクラブ選手権に挑戦。まずクオリファイを狙ってください。
坂本

<上野競技委員長 クラブ選手権1回戦組合せ発表>
表彰式クラブ選手権2017
<1回戦組合せ>
2017クラブ選手権組み合わせ

平成29年6月11日(日)アウトコーススタート 対戦2名×2名=4名1組として時間通り順次スタートします。
<7:00>  
山下勝紀選手 VS 脇田一哉選手
山下VS脇田2017
  
鹿志村聡選手 VS 上野勝選手
鹿志村VS上野2017

<7:07> 
平塚隆雄選手 VS 高橋輝夫選手
平塚VS高橋2017

細野光雄選手 VS 深見陽一選手
細野VS深見2017

<7:15>  
桜田光弘選手 VS 上野真紀選手
真紀VS光弘

井上広巳選手 VS 角田清選手
井上VS角田

<7:22>  
桜田智久選手 VS 中村真一朗選手
桜田VS中村2017

関昌一選手 VS 坂本圭選手
坂本VS関2017

2017年度クラブ選手権1回戦マッチプレーの組み合わせが決定いたしました。
6月11日1回戦終了後、2回戦まで行います。
メンバーの皆様、2017年度クラブ選手権1回戦、クオリファイ16名の熱き戦いにご声援を宜しくお願い致します。
ライジングロック1

ライジングロック2

順位 参加者氏名 OUT IN GROSS 備 考
1 山下勝紀 34 35 69 69 メダリスト
2 関 昌一 36 38 74 74
3 井上広巳 35 41 76 76
4 平塚隆雄 39 39 78 78
5 細野光雄 36 42 78 78
6 桜田光弘 42 41 83 83
7 桜田智久 46 38 84 84
8 鹿志村聡 43 41 84 84
9 上野勝 41 44 85 85
10 中村真一朗 43 43 86 86
11 上野真紀 43 43 86 86
12 深見陽一 44 46 90 90
13 高橋輝夫 44 47 91 91
14 角田清 46 47 93 93
15 坂本圭 55 52 107 107
16 脇田一哉 57 62 119 119
宮沢信行 NR